大気圏や温度減レートなどについて学習しました

エアなどについて訓練しました。Pa(パスカル)は負荷の単位で、1�uの面積に1N(ニュートン)の器量が増える場合を1Paと決める。100Pa=1hPaだ。1013hPaでは1�uところ1.013×10Nの器量がかかっています。大気圏はその高度による温度ゆらぎの気配をもとに、下層から上層に向かって対流圏・成層圏・半ば圏・熱情圏に区分されています。エアの分子や原子は入り乱れて著しく飛びかっています。こういう活動を熱情活動といいます。エアが熱せられると、分子・原子の活動が激しくなりますが、温度はこういう熱情活動の激しさを映し出す本数だ。高温で熱情活動が激しくても、エアが希薄であればロット容量ところのバイタリティ本数は狭いだ。地表から高度約11kmまでエアの気温は平均して100mにつき約0.65℃ずつ減少していきます。これを温度減比率といいます。この部分を対流圏とよびます。このようなことを訓練しましたが、知らないことを知れて良かったです。キャッシング 即日融資